虫歯を放置した結果、痛い治療を受けることになりました。

若い時の僕の口内状況は非常に悪かったです。虫歯だらけ。虫歯が痛くない限りはほったらかしです。奥歯には穴が開き、子供のころからの虫歯でした。しかし、どうしても治療を余儀なくされる状況に追い込まれました。仕事の関係で海外に行く事になり、歯の治療が必須事項となりました。

 

気は重かったですが、やるしかありません。大阪でもユーザー口コミの良い歯医者の先生は、自分の口内をみて、びっくりされていました。まずは一つ一つ、丁寧に虫歯を治療して・・というわけにはいきません。海外に行くまで半年。先生はなんとか半年で完治するスケジューリングをしてくれました。毎回の治療はドキドキでした。痛いのが本当に嫌いなので、麻酔もふんだんに使ってもらいました。

 

しかし、恐ろしいことに、根腐れを起こしている歯があり、これには麻酔が効きません。聞いただけでも恐ろしいかったです!先生は意を決して、歯根に薬品を注入して治療してくれましたが、痛すぎて痛すぎて、大の大人が涙を流すほどでした。神経を取っているにもかかわらず、激痛が走ります!本当につらかったです。この日以来、普段の口内ケアと糸ようじ、歯の治療を欠かしたことはありません。