歯の治療は歯医者との信頼関係が大事です。

歯医者へ行くのは幾つになっても億劫なものです。ですが耐え難い痛みの時等は、お世話にならなくてはなりません。私は長年放置していた親知らずを、痛み止めを飲みながらだましだまし生活していました。元々掛かりつけの所があったのですが、先生が高齢になって、息子さんに変わってから遠のくようになりました。実家近くの遠方でしたから、今の住まいの近くの医院をネットで検索し、吹田駅前の歯科に行ってみることにしました。先生は30代後半の男性医師で、私の親知らずを診て、「こんなとこまでよくほっといたね!」と言い、直ぐに抜歯ということになりました。その日は覚悟をしていなかたったので、「今度では駄目ですか?」と尋ねたのですが、「嫌なことは早く済ませた方がいいでしょ!」と言われ、渋々承諾したのでした。喘息の持病持っていて、麻酔を打つと息がしづらくなってパニックになる時もあった為、そのことを伝えると、「大丈夫!僕が付いているから!」と、その言葉で、気持ちが軽くなったのをはっきり覚えています。手際も良く、もう抜けたの?という感じでした。
前の先生は、親切でやさしいのですが技術面では不安が多く、抜歯も恐怖でした。勿論技術面が一番ですが、信頼関係がなければ上手くコミニュケーションが取れませんし、相性も大事な気がします。