歯列矯正を行う場合の口腔内の衛生について

私は中学生のころに歯列矯正を行っていました。

それまでは歯並びが悪く、しかも下の歯が上の歯よりも前に出てしまっていました(いわゆるしゃくれた状態)。

そこで歯周病にならないためにも歯科医に行きましたが、まずそこでは歯磨きの基本から習いました。

私自身歯磨きは簡単に済ませていましたが、歯科医では一本当たり20秒かけて丁寧に磨くように指導されました。歯ブラシの持ち方も箸を持つような感覚で持つよう言われました。

また実際に矯正装置をつけてからは、特に歯磨きには注意しました。

矯正をしていると食べ物が器具に挟まりやすく、黒いものなどが挟まった場合には非常に恥ずかしい思いをしますし、また口腔内の衛生状態も悪くなります。

ですので、私は中学のころから常に歯ブラシを持ちあるき、昼食後にはすぐに歯を磨くようにしていました。どうしても歯を磨く時間がない場合にも、歯間ブラシを携帯し、それを使って挟まったものを除去していました。

間食をなるべくしないようにするほか、コーラなどの炭酸飲料や砂糖を多く使用した飲料は避けるようにしていました。何か食べた場合には、そのまま昼寝をすることなく、必ず昼寝の前に歯を磨くようにしていました。

とにかく、何か食べたら30分以内に歯を磨く習慣をつけていました。

矯正器具が取れてからも、リテーナーという歯列を維持する器具をつけていました。日中や寝る際につけていますが、器具自体の衛星管理もしっかりと行っています。

口腔内をきれいにしていても、器具にばい菌がついていては意味がないので、朝起きてからは洗浄液につけて置き、たまった雑菌を除去しています。

また最近では歯の石灰化を防ぐために、キシリトール入りのガムを噛むようにしています。

歯を磨く際も、最初に軽く磨いてから電動歯ブラシで磨き、最後にマウスウォッシュを使うようにしています。

また歯列矯正が終わっても、噛み合わせのバランスを保てるように、左右の歯でバランスよく噛むようにしています。

PR|サプリメント|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|童話|初値予想内職 アルバイト|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|